TOPページ> 施設・部門紹介> 通所リハビリテーション

通所リハビリテーション

リハビリテーションとは

「リハビリテーション(Rehabilitation)」とは、「re(再び、戻す)」と「habilis(適した、ふさわしい)」から成り立っており、「訓練」や「練習」そのものものを表すものではありません。「人間らしく生きる」「自分らしく生きる」ための全ての取り組みをリハビリテーションといいます。
私達はその原点に立ち戻り、機能の回復だけではなく、その人がその人らしく意欲的に生活できるようになるお手伝いをしたいと考えています。
短期間で達成できそうな「短期目標」から「こんなことができるようになりたい」と考えている「最終目標」まで、一緒に話合いながら目標を作るところから始めていきます。
また、体力や機能の低下が著しい方だけではなく、これからのことを考えた介護予防としても利用できますので、お気軽に見学にお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。

特徴

1.時期を選ばない一体的なリハビリテーションの提供

入院中から在宅(通所・訪問)まで、同じ場所で、同じリハチームで、どの時期でも提供できる体制が整っております。通所リハビリは短時間・長時間の2種類があり、訪問リハビリとの併用も可能です。利用者様の病態や回復の程度に応じて様々な組み合わせでご利用出来ますので、ご相談ください。

2.リハ専門職が相談員として常駐

利用開始前の相談からリハ専門職が関わらせていただきます。契約・担当者会議もリハ専門職が出席するため、利用前に身体・ADL・環境の調査を行い、利用者様・ご家族様のニーズを確認することができます。また、事前に利用者様にお会いし、調査を行うことで、通所開始直後から、それぞれの利用者様の生活習慣に合ったスケジュールで過ごして頂けます。
それぞれのスケジュールの中で、リハビリテーションの効果が上がるような過ごし方の提案をさせて頂きます。

3.複合的な疾患を持つ方にも対応可能

心疾患と呼吸器疾患,整形疾患と脳血管疾患など、複合的な疾患のリハビリを経験したセラピストが対応します。また、理学療法士・作業療法士に加え、言語聴覚士が常駐しているため、摂食嚥下障害やコミュニケーション障害への対応が可能です。

事業所内の紹介

  1. 自主トレスペース、リハスペース
    運動を自主的に行うスペースも確保し、いつでもリハビリテーションを行えます。
  2. 洗濯、キッチン
    調理や、洗濯物干しなどの日常生活の練習も行います。
  3. お風呂(長時間通所リハのみ)
    着替えの仕方や浴槽の入り方、洗体についてなどを実際に練習します。
  4. 休憩場(長時間通所リハのみ)
    疲れた時に少し休む場所も確保しています。お昼寝の場所はありません。

利用案内

利用のご相談、見学等お気軽にお問い合わせください。

通所リハビリテーション

定員 短時間通所リハ(1~2時間)…15名×2クール
【1クール目9:00~10:15 2クール目10:30~11:45】
長時間通所リハ(6~7時間)…25名  【9:00~15:15】
※利用時間についてはご相談ください。
営業日 月~金 ※土日祝日、年末年始は休業
住所 〒370-3513 高崎市北原町71 関越中央病院 1階
送迎範囲 当院より8km圏内
※曜日により8km以上でも対応できる場合があります
TEL 027-373-5115(関越中央病院代表)
FAX 027-372-2829
Mail reha@kanetsu-hospital.com
事業所番号 第1011510128