部門紹介

外来

外来は、循環器内科、消化器外科のほか、ペースメーカー外来、糖尿病、乳腺甲状腺、整形外科、呼吸器内科、脳神経外科などの専門外来を一つの看護単位で運営しています。
外来の限られた時間の中で、患者様から必要な情報を受け取り、その情報から治療上の問題点や療養生活での困り事を捉え、他職種と協働し、地域での生活が継続できるよう支援しています。
緊急での入院や当日検査などは、患者様・御家族様の不安は大きいものがあります。その不安を軽減できるようお話しを伺います。不明な点があれば分かりやすく説明できるよう心掛けています。

3階病棟

3階病棟は、消化器(食道、胃、胆嚢、肝臓、膵臓、大腸、直腸)に疾患を持ち、手術や抗癌剤治療、内視鏡的治療を受ける方が入院されています。手術の大半は腹腔鏡下で行われており、開腹術に比べて身体への負担が少なく、入院期間の短縮にもつながっています。
患者様の不安や緊張などさまざまな思いに心を寄せ、安心して入院生活が送れるように心がけています。また、医師・薬剤師・リハビリスタッフ・栄養士など多職種が情報共有し、協働して退院支援を行っています。

2階病棟

2階病棟は、狭心症・心筋梗塞・心不全・高血圧・不整脈などの循環器疾患を持つ方が多く入院されています。
冠動脈の狭窄の有無を調べる心臓カテーテル検査、狭窄がある場合に行う経皮的冠動脈形成術、重症不整脈に対するペースメーカー植え込み術などを行っています。患者様が抱える不安や緊張を軽減し、安心・安全に検査・治療を受けて頂けるよう努めています。
また、栄養士・薬剤師・リハビリスタッフ・ケースワーカーと連携し、退院後の生活を考慮した指導を行うよう心掛けています。

手術・診断・治療棟

手術診断治療棟は集中治療室・血管造影室・手術室の3部門に分けられ、これらを1つのチームで対応しています。多職種の集合組織であり看護師・准看護師・臨床工学士・臨床検査技師等と様々です。通常独立している血管造影室や手術室が集中治療室と一体化しているので、患者様の情報を共有しやすく、安全に円滑に治療看護を受けられます。

集中治療室

集中治療室では、人工呼吸管理・持続血液透析・IABPなど、より高度な医療を必要とする患者様が安全に安心して治療を受けられるよう体制を整えています。

血管造影室

血管造影室では、狭心症、心筋梗塞、徐脈性不整脈、閉塞性動脈硬化症などの患者様に対し検査治療を行います。冠動脈造影検査、心機能検査、電気生理学的検査といった検査と先進的な経皮的冠動脈形成術、経皮的血管形成術、ペースメーカー植込み術、CVポート植込み術といった治療を行っています。安全に安心して検査治療ができるよう、看護師のほか、医師・臨床工学士・臨床検査技師・診療放射線技師・が協働しています。

手術室

手術室では集中治療室の看護師が手術介助に入ることにより、手術前から手術後まで患者様が安心して手術に望めるような体制になっています。
超音波メスや高周波メス等の機材が充実しており、手術時間の短縮が図られています。また、内視鏡手術を積極的に行っており、入院期間の短縮につながっています。